ホーム > むち打ち治療

むち打ち治療

京都市伏見区の小栗栖あさひ整骨院にてむちうち治療を開始するベストなタイミングとは

「むちうち症」は、ほとんどの方が一度は耳にしたことがある怪我の名前だと思います。
しかし、実際にはどのような症状があらわれるのかを詳しくご存知の方は少ないのではないでしょうか。
ただ単純に首が痛くて回したり動かしたりすることが出来なくなってしまうという症状だけではないのです。

むちうち症の症状というのは、日数が経過するごとに段階的に変わってきます。
交通事故によって首に衝撃を受けてしまいむちうち症になってしまうことが多いのですが、交通事故直後にはあまり痛みなどの症状を感じないことが特徴です。
そのため、適切な治療を受けずにそのままにしてしまって次第に色々な症状があらわれてくるということがあります。

交通事故の翌日あたりから、には痛みがあらわれてきて、さらにその数日後には頭痛めまい吐き気手足のしびれなどが起こることもあります。
出来ればこういった強い症状があらわれる前に京都市伏見区の小栗栖あさひ整骨院にて治療を開始することをお勧めいたします。
早めに京都市伏見区の小栗栖あさひ整骨院にて治療をしておくことによって、つらい症状に悩まされることも無くなりますし、後々の後遺症も予防することが出来るからです。

むちうち対策なら伏見区の小栗栖あさひ整骨院へ

交通事故レベルを問わず、十中八九の被害者が経験するとされる【むちうち】。事故当日には何の症状も現れていないのに、一定期間が過ぎると急に痛みなどを発症することがあります。この段階で激しい痛みを発症することもあり、多くの患者さまが困惑を隠せないのは言うまでもありません。伏見区の小栗栖あさひ整骨院では、事故直後からの迅速な治療開始をおすすめしています。

【むちうち】が発症するまでのタイムラグは個人差がありますが、どのようなケースであっても共通して言えるのは処置が遅れると【後遺症】に発展するリスクを持っているということです。そのため、その時点における症状の治療では非効率である場合も多く、むしろ【後遺症】への悪化予防治療を進めることが必要でしょう。この【むちうち】は首の【頸椎捻挫】を意味し、首周辺の骨格の矯正を巧みに進めていかなければ症状は改善しません。この改善には医療機関でも難しいことが多く、伏見区の小栗栖あさひ整骨院ではスムーズな矯正を実現しているのです。

普段からお忙しい患者さまの中には、治療する時間も取りにくいという方もいらっしゃるでしょう。伏見区の小栗栖あさひ整骨院では平日以外に、週末土曜日にも治療をご提供していますのでぜひお気軽にお越しください。